FC2ブログ
このブログはニコニコで生主をしている ゆうだーいのブログです
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

今日は最近巷で有名になってる口蹄疫についてです

2010-05-22 Sat 23:36
まずは口蹄疫とはなんぞ??という方に少々説明をさせていただきます

まぁかくいう自分もめっちゃ詳しいってわけじゃないんで少しwiki様に補足して貰います(ほぼwikiと被る

なのでちょっと詳しくなりすぎるかもしれないんでメンドクサイ方は省略文を書くのでそっちを参照してください。

では省略文を書きますね










口蹄疫とは?省略文ver.


口蹄疫(こうていえき、学名 Aphtae epizooticae、英語: foot-and-mouth disease、通称FMD)
は、家畜の伝染病のひとつ。

偶蹄目(豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカ、など蹄が二つに割れている動物)
およびハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病です。





ちょっと詳しくね



日本では家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されており、
対象動物は家畜伝染病予防法により牛、めん羊、山羊、豚が指定されているほか
(家畜伝染病予防法2条)、同施行令で水牛、しか、いのししが追加指定されている
(家畜伝染病予防法施行令1条)。

国際獣疫事務局(OIE)リスト疾病に指定されている。

この病気は高い伝播性、罹患した動物の生産性の低下、幼獣での高い致死率という特徴を持つ。

感染が確認された場合、他の家畜への感染拡大を防ぐため、罹患した患畜は発見され次第殺処分される。

また他地域の家畜への伝播を防ぐため、地域・国単位で家畜の移動制限がかけられることから、広い範囲で畜産物の輸出ができなくなる。

これらによる経済的被害が甚大なものとなるため、畜産関係者から非常に恐れられている病気である。






ほとんど書きたい説明は全部wikiさんに書かれてるのでほぼコピペっすねこの説明は・・・

まぁ詳しさと言えばwikiだから仕方ないっちゃあ仕方ないんですけどね・・・・・

それでは書いていきますね

まず病原体から書いていきます

病原体



↑なにこれきもっ!!



と思った方はまだ子供ですねははは すいません調子に乗りました


これはですね

口蹄疫を引き起こす口蹄疫ウイルス。 ウイルスの直径は21~25ナノメートル。

これがウイルスです。 びっくりですよね


ピコルナウイルス科 アフトウイルス属の口蹄疫ウイルスによって発生する。ただ単に「アフトウイルス」と言えば口蹄疫ウイルスを指す。

ラブドウイルス科 ベシクロウイルス属の水胞性口炎ウイルスによる水胞性口炎も口蹄疫に酷似した症状を示し、牛丘疹性口炎とともに類症鑑別が必要とされる。

1898 年、ドイツの医学者フリードリヒ・レフラーとポール・フロッシュにより病原体が突き止められ、

細菌より小さいことが確かめられた。これが、初めて確認された濾過性病原体=細胞内寄生体の一つであるらしい。

口蹄疫ウイルスは、大きく分けてO型、A型、C型、SAT-1型、SAT-2型、SAT-3型、Asia-1型の7タイプに分類される。そして各タイプはさらに複数のサブタイプに分けられる。





症状

一般的には感染すると発熱、元気消失、多量のよだれなどが見られ、舌や口中、蹄(ひづめ)の付け根などの皮膚の軟らかい部位に水疱が形成され、それが破裂して傷口になる。

「口蹄疫」という病名はこれに由来する。但し、水疱が形成されないケースも報告されている。

水疱が破裂した際の傷の痛み(細菌によるその後の二次感染も含む)で摂食や歩行が阻害され、体力を消耗する。

幼畜の場合、致死率が50パーセントに達する場合もあるが、成畜では数パーセントである。
しかし上の症状に伴い乳収量や産肉量が減少するため、畜産業に対しては大きな打撃となる。









一般的な症状



◆口蹄疫による発熱。ひづめ周りが熱を持つという特徴がある。

◆多量のよだれが出る。

◆口内に水疱ができる。牛の唇。

◆ひづめ周りに水疱ができる。牛の足。

◆ひづめ周りの水疱。豚の足。










感染

家畜の伝染病の中では最も伝染力の強い疾病でもあり、
感染動物からの体液、分泌物、糞便との接触だけでなく、
病原体が付着した塵により空気感染もする。

空気感染では水疱が破裂した際に出たウイルスや
糞便中のウイルスが塵と共に風に乗るなどして陸上では65km、
海上では250km以上移動することもある。

幾つかの例があるが、実際に1967年から1968年のイギリスでの感染事例では、
ドーバー海峡を越えフランスでの感染を起こした。
また、1981年にデンマークからスウェーデンへと伝播している。

ワラに付着した口蹄疫ウイルスは夏では4週間、
冬では9週間生存すると言われており、
稲藁や麦藁に付着して入ってくる可能性も危惧されている。

潜伏期間は2-14日であり、3-5日の場合が多い。
感染した1匹の豚は1日に4億個のウイルス粒子をまき散らし、
10粒子で牛を感染させることができる。

日本でも2000年春、約92年ぶりに宮崎県と北海道でO型の口蹄疫の発生が見られており、
2010年4 月20日にも宮崎県で感染が確認された。

犬や猫は口蹄疫に感染しないが、ウイルスを運ぶ可能性があり、移動制限を受ける







ヒトへの感染

厳密にウイルス学の立場から言えば濃厚接触がある場合、
稀にウイルス感染することがあるが、軽い発熱や口内炎になる程度で完全に回復するため、
臨床学的な立場からは感染しないとされる。

また科学的に実証される死亡例は報告されていない。

ヒトからヒトへの感染例は報告されていない。感染した家畜の肉を食べて感染する事は無い。

ただし感染による症状自体は問題とはならないものの、
ヒトがウイルスの保有者(無症候性キャリア)となり、
他の動物への感染源となるため、感染源との接触は極力避けなければならない。

なお、ヒトの手足口病とは関係ない。



今日のこの辺にしときます

まぁ感想としては怖いですねこの病気は

ね☆

ではバイバイ
スポンサーサイト
別窓 | 重要 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<こんばんわ | ゆうだーいの生放送日記 | すいません>>
この記事のコメント
難しい話してんじゃねーよ!バカッ!
よくわかんない!


女ったらし!!!!!!;w;
2010-05-23 Sun 11:30 | URL | てる #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ゆうだーいの生放送日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。